TOP

派遣会社に会員登録して仕事をする人がだんだんと増える傾向にあります。

  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が徐々に多くなっていますが、この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、その中で何割が自分に入るのかを可能であれば面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収する仕組みです。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがかなりあります。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、悪い派遣業者では、労働者に3割しか還元しなかった、ということも珍しくありません。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、可能な限り違う派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

  • 退職|再就職の面接などの場面でもし名刺を差し出されたとしたら、…

  • 再就職の面接などにおいてもし名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側に渡す必要があるのか?と対応の仕方に迷ったときは、たいていは渡す必要のないもの、と理解しておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の延長上のことではなくて、職を得るための採用活動の一環なので、大方は名刺をやりとりする場ではありません。加えて、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。したがって、相手側から名刺を渡されたとしても、こちらとしては、ただもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手側にあげる責任はまったくないと言えるのです。

  • 比較的時間に融通が効くはずの派遣社員であったとして・・

  • 派遣社員というものは、契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで辞められるものではないと転職を通じて理解しました。私は新婚生活に慣れたら早く子供を持ちたかったので、妊娠するまでの期間のために1年半~2年だけ今までの継続で仕事を出来たらいいなと思い、就職しました。派遣社員ということもあり、正社員よりも年収は少なかったのですが、それでも「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。しかしながら、入社したあとで、一緒に働く人たちはほぼ全員のスタッフが派遣社員として10年、15年と続けていらっしゃったのです。意外にも派遣であったとしても、すぐに辞められるワケではないと、悩みが増えました。

  • 転社を度々しないための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はネットもあるので、精神面を強くする自己啓発系の情報は満載になっています。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面を強化することができます。その最たる例は「海外旅行」ですね。海外旅行に行くと、言葉も文化も違うので、刺激をたくさん受けることができます。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただし、退職間もないあいだは、精神的に弱っている人が多いので休む期間も必要です。

  • 楽しい気持ちを持ちながら転職をすることができれば、メンタル面での重荷も少ないので、…

  • 楽しい気持ちを持ちながら転職活動と向き合えば、メンタルに負担を感じることもないので、転職期間に堕落はしないですみます。おまけに精神的な部分が損なわれていない分、すぐ、転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、やはり、休職期間を作らずに新しい職場に飛び込むことが大事です。現在の会社に勤務しながら、新たな仕事を探すのが理想といえます。また、ブランクをつくらなければ今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そのようにしておけば、働いていない期間はできませんから、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来のことを考えながら、転職活動を考えてみてください。