TOP

以前は看護婦と呼んでいた看護師は仕事として歴史的背景か…

  • 昔は看護婦ですが看護師は働く者として歴史的背景から女性の多い職種です。厳しいことに気力それに体力をひどく消耗が激しい特徴もあります。そのために、職場での人間関係がうまくいかなかったり、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業でもあります。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職希望者が多いといいます。過酷な環境ということもあり、看護師は、慢性的な人材不足に陥っています。というワケで、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、それが転職増加のスパイラルになっています。

  • 転職を予定しているのなら、先に資格を取得することで有利になります。

  • もしもあなたが転職をするなら転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得すると、転職活動の際でそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも容易になります。といったわけで、資格取得するなら、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がベストなタイミングです。あなたが将来を見据え、このあと役立つ資格を持っておくと、現在の職を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。そして、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で即戦力になる人材だと認められ、今までより待遇アップも期待できるでしょう。

  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣先が決定しました。最初の出勤日に営業を担当している方と就業先の近所のコンビニで待ち合わせをしたら、どういうわけかコンビニエンスストアの前にいないので中にいるのかもしれないと考え店内に入っていくと、担当者はなんと雑誌売り場前の通路にしゃがみ込んでいやらしいグラビアのところを開けて読んでいるところを発見しました。こんな人に担当されるなんて勘弁してと考えて、その場で声をかけることなく気付かれないように店内から出てすぐに派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

  • 退職|新しい企業がいいと転職をする活動をする場合には「一刻もはや・・

  • 違った企業の社員になりたいと転職活動をしている中の人というのは、「1日もはやく、採用通知がものにしたい」と考えてしまいがちです。しかしながら、その気持ちが強くて内定通知が得たいあまり、自分自身をより大きく見せたり、その逆に自分を過小評価につながる言動はできるだけ避けておきましょう。大事なのは焦燥感をぐっと抑えて、冷静に、そして客観的に、あなた自身の能力にあった職場探しに専心しましょう。これまでの経験が活かせるように、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を選択してみましょう。

  • 安定的な生活を願って正規社員として働きたいと思っている・・

  • より安定した暮らしを欲しがり正規社員を目指している人は少なくない、というのが現状です。ですが、役立つスキルを身に着けたりして相当に頑張っているのに正社員として採用されることがうまくいかないケースも少なくないはずです。非正規雇用者の求人情報があっても、正規雇用の求人募集以外はそっちのけでもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。仮にあなたが、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、派遣社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。正社員を募集していない企業であっても、その人の実力によって、2,3年で正社員にステップアップ数年で正規雇用への転換が図れることもあるからです。面接を受けた時に、「正社員登用」の可能性を聞いておくようにすれば人生設計が立ちやすいはずです。

  • 今の自分のスキルや資格を有効活用しながら、就職活動する場合は…

  • 今ある自分のスキルを活用しながら転職活動する場合、転職しやすい業界と、転職が難しい業界がある事を理解しておいてください。転職がカンタンといわれる業種は、たえず人材が不足している医療や介護系の業種が代表例といえます。医療や介護の業種では看護師および介護士の「資格」が必須であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ですが、「医療・介護」の仕事を現在やっていて、諸事情によって、他業界に転職したいと思っているなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、流動性がそれほどありません。そのため、容易に考えないことが大切です。再就職を本気で考えるのであれば、他の業界では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。

  • 転職の面接のときにする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイ・・

  • 転職する際に行われる面接でつける腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの時計はやめた方が安全といえます。この場合の、目立つは見るからに高価なものだったり、といった意味合いだけではなく反対にチープな腕時計に見られてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真反対の目立つ、と考えておきましょう。転職の面接の際の腕時計についてもポジションとしてはスーツやネクタイと同様の考えで、ふさわしいものを着用して行った方が確実だと言えます。とはいっても、自身の歳に見合ったものであるということも外せない条件で、新卒で受けた面接のときに着けていたものよりはほんのわずかであっても高い腕時計にした方が間違いないということははっきりと断言できます。

  • 得意なことや大好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意した方が良いです。

  • 自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きでそれが高じて、過去には、飲食業界で勤務していたことがあります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。そのことが理由で、退職することになったのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやその飲食店で扱われていた食べ物も嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事を始めた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見るのは本当にステキだと思います。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、真剣に自分自身と向き合う必要があります。