TOP

転職活動中に、面接でほぼ例外なく「志望動機」「転職理由」の2点を訊かれます。

  • 転職活動をしていると、面接のときに例外なく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、正直に話しても問題ありませんが、これと違って転職理由について正直に話すのは問題です。転職理由でよくある収入面の不満、人間関係に対する不満など、面接官に好印象を持ってもらえるものではありません。自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。現職の不満を相手へ伝えないようにするには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。加えて、この会社に入社してこんなことをしたい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えるのが正解です。

  • 転職しようと考えたとき、その職場の年収を気にしすぎる…

  • 転職を考える際、その職場の自身の年収を過剰に気にする人がけっこう多くいます。とうぜんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を給料としてもらうべく励んでいるのだとは思います。年収の額は自身の社会的な価値を知る値でもあるのでとうぜん大切なのは無理もありません。それにしても愚かにももらっている年収額に異常にこだわりすぎるのも悲しい気がするでしょう。それより年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。

  • 励んでいる転職活動時、「かつて、こういう種類の仕事をしてきました…

  • 今やっている転職活動の際、「自分は今までにこういう職場の仕事をしてきました」「今までにこういった経験を得られました」とそれまでの自分自身の実績を強調する人は少なくありません。でも、希望する再スタートを狙う職場で「そのうちこのようなことをしてみたい」「私が申したような事ならできれば貢献できるに違いない」と将来的なビジョンで自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

  • 退職|私たちの労働環境は、将来的に着実に単純労働は機械に変換さ…

  • 将来的に、徐々に単純労働は機械化が進み、それによってそういう仕事をする労働力はどう考えても削減させられてしまいます。どうしてかというと、単純労働の場合では、人より機械で作業するほうが数段に能力が高いからです。例えば、数をカウントするとか、同じ作業をずっと反復したりすることは機械ならへっちゃらです。人間とは違って不満を言わないし、ペースが変わることもなくずるもしない、正確に作業してくれますし、均一化できる強みもあります。さらに、人と違って報酬を渡さなくてもいいのがメリットといえます。なので、人間を使う意味が無いことが明白で、機械化が必然ともいえますね。

  • 転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

  • 転職のための面接では注意する点があります。面接官から「転職理由をお聞かせください」と必ず聞かれますが、その際、どのような理由であれ、過去の職場の「働く環境」「人づきあい」が悪かったという回答は、可能な限りやめておいたほうが良いでしょう。というのも、こういった話をしてしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを棒に振ってしまいます。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することが肝要で、まずは「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、真面目に取り組んでいきます。」のような未来に目を向ける形が担当者の心証はよくなります。