TOP

転職期間中は、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活をしてお…

  • 転職期間中は、趣味に没頭する他、体力を損なわない生活が良いでしょう。仕事が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に興じていたことで知らないうちに集中しやすい体質になっています。さらに体力アップしているために、その場の社員と比較すると疲れない身体になっている、と自ずと認識することができます。というわけで、退職後は自分の趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにすることをしておいて損することはありません。仕事が決まり、職場のなかで同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、親しくなれるきっかけになるので、これまでできなかったことにトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 看護師でありながら他の職業に転職を決断する理由は、一人ひとり違います。

  • 看護師の他の職に転職を決断する理由は、その人それぞれです。それを見てみると転職には「職場環境に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚でライフスタイルの変化によって出産・子育ておまけに家族の介護など、さまざまな仕事環境の変化など、今までと同じようには働き方ができなくなった」「収入に大きな不満がある」など、さまざまな理由があり決して他人ごとではないはずです。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職を決断する前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、改めて時間を掛けて再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考したうえで決断してみてください。

  • 転職エージェントと転職サイトを活用して、転職活動すること自体、一般化してきました。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動することは今では当たり前のことです。より転職のチャンスを増やしたいのでしたら、その上に転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアは、数多くの企業が一堂に会するイベントです。参加されればいろんな企業の情報を得ることができ、加えて、その場で説明しているスタッフさんから、企業の雰囲気を感じられるはずです。これから、転職フェアに行く際には、面接を受けるつもりで自身をアピールする場と思っておきましょう。もしもフェアの期間中に自分の能力や人柄が評価されれば、後に応募して面接に進む際に非常に有利となります。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。

  • 今、私は派遣の会社に入っています。サイトの中で何の気なしに気になる仕事を探して応募しようとしたところ「その仕事はもうすでに他の人で話が進んでいます」と言われ瞬間的にサイト上からお仕事の情報がなくなるのですが、その翌日に閲覧すると元に戻っています。これって結局私だとよくないのだということですよね。それであるならばカドが立たない程度に正直に伝えてほしいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。はたまたもしかして偽の仕事なのでしょうか?

  • 転職活動時に注意が必要な求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高…

  • 就職のため職探しをする際に特に注意が必要な求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束される時間が長めであるというものです。このような募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』が含まれているケースがよくあります。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間、45時間といった感じで求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料形態に残業代を組み込むというものです。(違法ではありません)もし『みなし残業代25時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料がもらえます」という話になります。けれども、悪質な求人にはこの『みなし』をわざと記載していないこともザラですので要注意です。

  • 退職|転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方に注意して欲・・

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にぜひチェックしてほしいポイントがいくつかあります。まず派遣社員に対して、お茶出し、データの入力などの雑務、雑用等をなどの仕事をぼんやりとイメージする方がおそらく多いかと思います。私もかつてはそう思っていました。今、勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「メインの業務は電話対応になります」と面接で説明を受けました。が、実際に入社してみると、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。とくに特別な知識もなく、当初の説明とはかなり違っていたので毎日全くわからないような内容でしたので、今はとにかく、契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 退職|転職活動を行う場合、いろんな経路で情報を集めることが多いと思います…

  • 転職活動をする際、様々な手段で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトの利用を強くおすすめします。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こした事例もありました。会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、異なる角度から見れば、書き込みの内容が真実でなければ、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。しかしながら、真実はクロで「周囲に気づかれたら恥になるから、一刻も早く火消ししたい」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分入社後に厄介事が降りかかる心配のあると見て良いでしょう。そもそも、いい会社だったら煙なんて立ちません。

  • 女性が転職する時、今と一昔前では多少の違いがあったりします。

  • 女性の再就職において、数年前と近年とでは少なからず、違ってきている点があります。前までは、結婚の予定や出産後の方針について質問されることが珍しくありませんでした。でも、最近の動向としては、その手の内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、質問しない会社が増加傾向にあります。そして、とりわけ大きな会社ほど、タブーとして露骨に避けるようになっています。ただ、面接する側としては、はい・いいえ、の2択ではなく、その人の生き方結婚後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいと思っているはずです。自らの考えを理解してもらうためにも、志望した動機や自己PRと混ぜながら表現することで、面接官にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると考えられます。なので、質問されてない箇所についても、先にあなた自身から企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。

  • 今の自身の職場・仕事内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

  • 今の自分の職場や業務内容について大半の人は不満を感じていると思います。「自分のスキルや仕事での能力を正当に評価してくれない」そのため、「給与アップも、出世する可能性も見いだせない」といった不満が割合的に多くを占めています。とはいうものの、上記のような不満を持っている人のなかには自身の本来の能力を実際よりも「過大評価」しているケースが少なくありません。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる求人がない」と無駄にブランク期間ができるおそれがあるので、要注意です。ので生活自体に支障をきたすおそれがあります。ですから転職活動に当たっては「本来の自分のスキルや能力」を客観視することが大切です。