TOP

最初に転職をするのであれば、注意しなければいけない…

  • はじめて転職をする場合、大切なのはなぜ現在の仕事を去るのかを明確化しておく必要があります。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。そして問題を解消できる企業を選んでいってください。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、今の仕事をこなしつつ就職活動をすることから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それゆえ明確な理由がないまま転職活動をしてしまうと、途中で挫折してしまうおそれがあります。是が非でも転職したい、現状を変えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動を本格的に始めることはやめておきましょう。

  • 就職活動において、年収はとても重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の際、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を正直に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。例をあげると、現在の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんどありえません。たとえば、今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 新卒で入社した会社を離れ、思い切って転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして転職を決意しました。会社を退職する前は、長い間悩み、辛い気持ちでした。社会人となって数年あとに仕事を辞め、中途採用で働いている人ばかりであると私自身が転職したことで知り、無意識のうちに以前よりも安心することが出来ました。1度、転職をすると自然と考えも前向きになって、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といったような転職に否定的な意見もありますが、それが正しいとは限りません。私のケースでは転職を決断してよかったと心の底から思っています。

  • 退職|転職活動中は、無意識のうちに時間が有り余っている分、…

  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、ダラケタ生活になってしまいます。が、そんな風な過ごし方は危険です。それは、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「精神的」にも問題が出てくるからです。いつの間にか仕事をしようとする気力がなくなり、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうなると、負のサイクルができてしまい、次の勤め先をなかなか決められなくなります。将来の決断ができないのは、お金を第一に考えるためです。お金を最優先事項に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

  • ”石の上にも3年”という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、…

  • 昔から「石の上にも三年」というコトワザがありますが、現在、ないものと同然である「終身雇用制度」。「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。とはいえ、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらとそれを選択するのは考えものです。実際に転職を検討する際は、大切なのはタイミングです。ますはじめに、現在の職場・仕事の内容について、不服に思う点を箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は探してみてください。この作業が、転職を決断することです、そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、手早く、今より良い仕事ができるように努力していきましょう。

  • 退職|再就職の際の面接では、規模の小さい企業であればほとんど、その社内の「人事」担当者が面接官になります…

  • 転職の際の面接は、小企業だったら大体は「人事」が面接担当になりますが、場合によっては違うこともあるようです。具体的には、ともに仕事をしていく作業部署の一番偉い人、かいつまんで言えば課長や部長クラスが面接を担当することも珍しいことではありません。その中でも営業職や事務職の場合は、資格だけでは人の良し悪しを判断しづらいですから、自信をもって自分自身を売り込んでいくことがとても必要であります。面接担当の人たちに「この人は、きちんと自己主張できるし、良い結果を出してくれそう」と思わせ、記憶に残すことが大切です。

  • 昨日仕事を探すために人材紹介会社へ登録に向かいました。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。そこで登録カウンセリングを行いに出てきた担当の人が見たところ入社して間もない新入社員のようで、こちら側が説明していることの50%ほどもその社員はわかってはいない感じです!おまけに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておく必要性があります」等、一丁前のことを横柄にしゃべるのでとても嫌な気持ちになりました。カウンセラーは多少は仕事を経験している人にしてほしいと思います。