TOP

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。

  • 転職活動を今の仕事と並立して進行させる人が多いです。ですが、働きながら求人を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神面も肉体面もハードです。転職活動を行っている間は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、書類選考をクリアし、面接が決定した後で辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを間に入れて応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、他方直接応募していたとしても、応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しておく必要があります。

  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、まず何よりも…

  • 転職をするための活動をしている最中は、まず必ず心が急がないということを大事にしましょう。まだ会社の仕事を辞めないで転職の活動では、それほどはそうでもありませんが、退職したら行う場合は人というものは内心が焦りがちになってしまいます。そのため、冷静に転職活動を続けていきましょう。あなた自身でしてみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭にしてみましょう。候補の職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、再度、冷静になって見極めましょう。この手間を掛けることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

  • 転職によって職場を新しく換えるということは、自身に…

  • 転職して仕事先を新しく替えるということは、自分に合う理想に近い場所に転職したいものです。勤務先、職場を変えることによって、自分の天職に有りつけることも可能です。でも、プラスの面だけではなく、相応の努力やスキルが求められます。逆をいうと、あなたのスキル次第で「天職」に出会える可能性も広がる、ということです。今のご時世では、「職業選択の自由」が権利として受け入れられているので、転職しても特に問題はありません。事実、終身雇用がなくなりつつあるこんにち「役に立つ人材が欲しい」と思っている企業も増えているので、この好機を有効に使ってみてください。

  • 新しい転職先で、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐはすぐに年収に関して高望みはしないほうが無難です。特に、入社したはじめの年は、「試用期間」が入っているというのが可能性が高いです。私の場合はやっとのことで新しい職を見つけることができたのに、以前の会社での年収とあんまり同じでした。それに加えて、業務内容はかなりキツく、とても責任のあるもので、初年度はかなり苦労しました。そのような実体験をしてみると、転職1年目は、仕事を覚える期間として捉え、なるべく転職以前から貯蓄をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外に…

  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングの専門業者も増えてきました。あなたに特許出願の経験があるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を発表した実績のある人や、雑誌で紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。仮に、あなたがヘッドハンティングの話をされたときには、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンティング名目として、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そういったものは完全な詐欺なので、相手しないのが無難です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を出すことはまずありません。