TOP

退職|失業保険を毎月、給付してもらうには、就職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。が、「今まで忙しすぎたので、とりあえずはのんびりしたい」と思うのが本音でしょう。きちんと仕事探しをしているように見せる方法は、あります。毎月、「ハローワーク」に行くのは必須ですが、「求人票」を確認することを必ずやっておきましょう実際には探す気持ちがないときは、求人票を熱心に見ている芝居をして、ハローワーク職員との面談で、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が見当たりませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すというやり方もあります。

  • 長年接客関係で仕事をしていたのですが、加齢とともに立ったままの仕事…

  • 長年接客関係で仕事を続けてきましたが、歳をとるにつれ座ることのできない仕事は体力的に難しくなり、オフィスワークへお仕事を変えることを頭に入れて行動にうつりました。事務が未経験だとけっこう厳しくて、それなら接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務になろうと資格も取り個人の病院に転職をしました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も複雑。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた頃より帰る時間も遅いわけですが、とにかく今はキャリア形成の時期と腹をくくって頑張ります。

  • 新卒で採用された会社で嫌な上司に悩み、その結果我慢の限界を超えてその会社を退職し・・

  • 昔働いていた会社でのことですが相性の悪い上司に悩まされ、最後には我慢の限界を超えてその会社を退職し、ある他の同業の企業に職を移しました。その会社ではパワーハラスメントもなく本当に充実した日々でしたが、少しずつ会社の売り上げが減少しとうとうとある会社に経営統合されることになったのです。そしてその統合した会社が驚くなかれ前にいた会社で、大嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。言うまでもなく再度の転職活動を始めるつもりです。

  • 職を変えた際には、大体の場合、以前の会社の仕事のほとんどは美化された記憶となります。

  • 転職すると大体の場合、前の仕事のたいていの出来事は美化されます。実のところ今の会社に問題点があるから、それを払拭するためにやっとのことで退職を決め、再就職すことになったのに、気がつくと、どうしてかわからないけれど転職した会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と感じることは多いです。というのはもっともなことで前の職では仕事を把握していて、今よりも簡単に日々の業務が淡々とできていたからというのがというのもあるでしょう。実際は「やっぱり転職なんてしないほうが良かった」というほど、前の仕事の方が労働環境や、全体的な待遇が良い場合も考えられます。

  • 求人関連の広告には、大部分の場合はまともな会社では月収が明記されています。

  • 求人についての情報を見てみると、とうぜん大部分の会社では月にもらえるお金が明記されています。ただしこの月収をチェックする時には、注意して確認する事が大事です。数字だけを見て納得しないようにしましょう。何故かというとひょっとすると、月収の金額の中身に月10時間残業の場合を含んでいるかもしれません。残業代を含めて計算することで良い案件に見せて、人材を募集していることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている所もあります。だから、そういった表記された数字どおりとなる見込みがない会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 大手転職エージェントに限って、豊富な案件があるという強みがあります…

  • 転職エージェントは大規模であるほど、たくさんの案件があるという強みがありますが、それと同時に転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントの担当スタッフが不可能だと判断すると応募してもらえないことも多々ありますし、会社から見て自分より高く評価される人がいれば、そのライバルを優先したりもするのです。大手転職エージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱いそこそこ難しいので、方針を変更して比較的規模の小さなエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できないか、と相談しておくと転職希望者のために行動してくれることもあるので、そういった風に活用してみるのも良いかもしれません。

  • 転職する場合の面接で高い確率で問われるのは以前勤務していたところを退職…

  • 転職の面接で決まり文句のように質問されるのは以前勤務していたところを辞めた原因なわけですが、このような質問に回答する時には話の内容を退職した会社にしない方が安心です。会社を退職した理由を的に絞り話が進むと絶対に面接において不利なことを含んだ話題になってしまうので。どういう風に進めればいいかというとどうして前職を辞めたかという点をこちらの会社に必ず入りたかった理由があるといった感じに進めるべきであり、入社したい会社に焦点を向けていくべきなのです。その会社の話であれば、マイナス面を消し良い印象を与えることができる前の職場を去った事情にすることが可能です。

  • 退職|転職を成功させるための企業での採用面接での勘違いしている人が多いのです…

  • 転職のための会社での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまりあからさまな猫かぶりすることは、残念なことに良い結果にはならないことがあります。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「給与システム」などの、多数の人がかなり聞きづらいことも勇気を出し聞いておくと結果的に確実に自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「面接の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで最終選考に不採用になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれません。だけども、かえって好印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いといいます。これらのお金・労働環境に関する内容は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、しかしながら、不採用を恐れるあまり、はっきりと聞けないものです。そこで、あなたが一歩踏み込む勇気があれば「ほかの人とは違うな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。