TOP

転職サイトはよく知られたサイトの方が多数の転職情報が掲載されているため…

  • 転職サイトは知名度の高いサイトの方がたくさんの求人情報が掲載されているため、2社か3社くらい転職サイトに登録し、勤務地・年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。ただ、初めに限っては登録するのにけっこう手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。初めの登録のときは時間が少し掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、最初にきちんと準備することを頭に入れておきましょう。

  • 退職|転職したいと考えている会社で見学などがあると良い勉強になります。

  • 転職したいと考えている会社の会社見学は、非常に参考になります。特に、「職人」さんがいる会社では、職人技を近い距離で見られるので楽しいものです。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、高確率で見学者には、普段通りの姿を見せてはくれません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。個人のアクが出やすい業種なので、入社するまで本当の働き方が出ません。そのため、会社見学で見たものをすべてだと思わないことがとても重要なのです。それに加えて、見学の時に仕事体験させてくれる会社はとても危険ですから選択肢に入れるのはやめておきましょう。入社してもいない人には仮に何かあっても、保証も一切ないので、仕事体験を勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。

  • 何年か前までの求人情報には、募集要項の中に「性別」が、…

  • 以前は求人情報では、性別が書かれていました。しかしながら今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用する際、男女差別がないようにしないといけないルールができて、求人情報に「性別」の表記ができなくなりました。そういった変化があるものの、募集を出す企業側としては、性別に拘らず採用するとは限らないのです。実際問題、実際は男手が必要な企業に募集に女性がやってきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールしている場合、希望しているのは女性だと読むのが良いといえます。

  • 知人による紹介で転職先を見付ける人がいます。

  • 知人による紹介で転職の先を探す人もいるでしょう。しかし、転職をした先の労働環境、その他の労働条件などを紹介者の口コミを鵜呑みに判断してしまうとあまりトラブルになるおそれがあります。どうしてもそういう口コミ情報というものは誤解・齟齬が多くなってしまいます。知人にとっては、居心地の良い職場であっても、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、イマイチな環境だってあるのです。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自分の目でチェックしておくようにしましょう。

  • 退職|転職活動をするという時は、気になる求人(または業界・・

  • 将来転職活動をするという時は、良いと思える求人(または業種)を見つけた際には忘れず「〇〇業、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界のマイナス部分について、アドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索で瞬時に本来の姿を理解できるでしょう。そういった現実を知らずに入社すると、あとになって後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」という場合が少なくないため、目に留まった業種について、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

  • 転職をするに際しては、ウェブ上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 仕事を探すにあたっては、ネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)すなわち斡旋を行う会社がありますが、もしもそういった業者に登録し、めでたく就職できたとしても、「失業保険」は給付されないので注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」で正しく手続きしないことには給付を受けられないのであとで後悔しないように気をつけておきましょう。他方、ハローワークを経て斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就職用の準備金として、一時金を受け取ることが可能です。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。頭に入れておかなければ、失業中に給付金が他に入らない状況になるので、そうならないように注意しましょう。

  • 新たな勤め先でそれまでのキャリア・スキルを生かせたら…

  • 新しい勤め先で、これまでに身に付けた実力を活かすことができれば、即戦力として周囲から認められ、即、職場にも馴染めるはずです。いい人を求人している雇用した側としてもそのような即戦力は常に必要なので、時期さえ良ければ、円滑に事が進むでしょう。それに加えてこれまでの仕事内容と同じ業界であれば転職は非常にカンタンになるでしょう。ですが、即戦力となる基準があなたにあっても大手企業の事務系の業務や、公務員(国家・地方ともに)などは、時代背景に左右されることなく相当な競争率になることを肝に銘じておきましょう。