TOP

一般的に見て大企業は「定期採用」で人材を確保します。ですか・・

  • 一般的観点からすると大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には向いていません。そのうえ、市外地でとなると転職の見込みがずっときびしくなります。例外として、「製造業」関連であれば、地方の工業団地周辺に製造工場を置いている可能性があります。また、そういう場所では、事業分野の拡大とともに「途中採用」を行っているので、その機会に転職を検討してもいいかもしれません。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、希望する会社についての予備知識を収集しておきましょう。公式サイトにアクセスして、求人予定の有無など、ときどき確認されることをお勧めします。

  • 求人誌をチェックする折、オフィス系の仕事がしたいからと、…

  • 求人に係る情報を見るとき、例えば、デスクワークが希望だからと、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そんな人は「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。実際に、製造業の求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に関する部署も多数あるのです。けれども、製造業は往々にしてビジネス街にはないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。そうだとしても、自らのこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ視野に入れてみてください。

  • 退職|転職において、今働いている会社をきちんと退社してか…

  • 転職をするのに、今の会社を退職してからと考える方もいますが、先に辞職してから転職活動を開始しようと考えている人は会社がいつボーナスを支給するかを気にかけておきましょう。社員にボーナスを出す会社はほとんどですが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが支給される時期が近いときには、その日を待ってから辞める意向を伝えるという考えも得策です。ボーナスは少々大金なので、もらわなきゃ損ということも言えるでしょうから、退職をする際にはボーナスの支給時期について一度確かめておくともったいない思いをしません。

  • 退職|職場環境が原因で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え・・

  • 仕事をするにあたって回復が難しいほど精神的なダメージが増え、転職しなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、会社(の関係者)に相談するよりも身内と相談して、退職するか決めるといいでしょう。なぜなら、仕事をするのは当事者であるあなたのためでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。どれだけ高給をもらっていたからといって、精神がボロボロになるほど仕事を続けることは好ましい状況とはいえません。今の時代は経済的なことよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方も徐々に認められつつあります。あなた自身の身内や、あなた自らの心身を大切にしていきましょう。

  • 退職|再就職を予定しているのなら、こまめにさまざまな企業の募集・・

  • 転身したいなら、様々な企業を定期的にチェックしておくと転職先の選択をするときに役立ちます。現在の仕事にやりがいを感じられないと思っているケースでは、実際に転職活動をする際に、どんな企業でも魅力的に見えてしまいます。そうなったら、どこを選択するべきか、わからなくなり、判断を誤る可能性も少なくありません。そのため、最終的にはごく短期間で退職してしまうおそれもあるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見る以外に、その会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性ある良い企業は、取引先情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりなのでチェックをする目安になります。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

  • ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣として就業しています。派遣法とか労働契約法の関連で残念ながら長期間務めていた会社での仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣の方の中には、派遣先の企業から正規社員の地位をつかみ取った方もいるのですが正直に言うと仕事の能力とは関係なく派遣先上司へのあしらい方が得意な方でそれで採用された模様。業務上のスキルよりも上司に媚びるスキルの方が必要なんだねーと他の派遣の同僚と派遣先の職場でいつも不満をたれています。

  • 退職|自分が求職中のころたいへん多くの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 自分が転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質がまちまちで大抵は十分だと感じる対応をしてくれないアドバイザーでした。こちら側は人生の大事な事なのにもっと熱心にに臨んでほしいという考えが募ってしまいました。それが発端となり自分がキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。その資格取得は経済的な負担にもなりました。また勉強に関してもとてもヘビーでしたが、求職中の方から頼ってもらえる存在になるべく頑張っています。

  • 転職をスムーズなものにするには、行動する前に行動をするようにしなくてはいけません。

  • 後悔しない転職するとを目指すのなら、行動する前に行動をするようにしなくてはいけません。近年はいくら小さな会社の意地でかホームページで宣伝しているところがたいていなので、ネットを駆使してあれこれをチェックしておくとそれとなんだろうと思う点を整理しておくと転職時に助かります。公式ホームページの他に、「転職サイト」を利用してみるのも良いかもしれません。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職の候補にしている企業を自分自身で見て確かめてみるのも意味があります。

  • 退職|転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでお越しくださ・・

  • 再就職の時に行われる面接時に会社側からクールビズでも大丈夫ですよと事前に言われる場合もあります。しかし、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは失礼に当たるのでは?と疑ってしまうこともあります。そのような思いを心に抱えている人に言いたいのが、クールビズで来るように言われた面接の際は伝えられた内容を素直に聞き入れるほうが大丈夫です。迷いすぎてしまい、夏の暑いときにびしっとスーツを着込んでいくと面接担当者に逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、クールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズで行く方が好ましいのです。