TOP

退職|とある古物商の求人に応募し、書類選考をパスしました。そ・・

  • ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かりました。2、3日して面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれども、面接日当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待っていると、所長らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、たいへんにだるそうな対応の状態のままなんとか面接を終えました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、もどかしくなり、こちらから問い合わせると「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達なので仕方なくまた問い合わせてみた結果、どういうことなのか、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。私は呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、正直、不採用で良かったと痛感しています。

  • 退職|生涯初の失業保険をもらう場合、じっとしていれば受け取れると考えている人…

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が非常に多いですが、それは間違いです。実際には、きちんと職探しを続けていることが必要で、その上に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。月ごとに職員に求職活動の状況をきちんと説明して真面目に仕事を探していると判断されれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。その真逆に、真剣に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、決まりとして給付を一時停止したり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、注意してください。

  • 今から転職活動をしていく人で、次までの仕事に期間がある方・・

  • これから転職活動を考えている人で、次までの仕事にまだ期間がある方は必ず失業手当をもらうことをおススメします。現在の会社で「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、もらえる「失業手当」の額は、会社の辞めた月の近々の給料を基に支給する額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 私は20代までに転職2回で、現在は複数の資格をとるため…

  • 20代のうちに転職を2回ほど経験して、いまは資格の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務ではないので給料は以前よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間的な余裕ができました。学生時に資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、資格を活かして働いている方に会うと少し羨ましさを思ったりもします。前の私は、自分と比べてしまうことがガックリしていましたが、今では結婚を契機に生活環境も大きく変化し、前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、私も新たな目標に向かっています。

  • 転職するにあたって、今勤務している会社を退社する時に…

  • 転職の際に現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もし自分の意思で退職願を書いて退社する、いわゆる依頼退職においては失業保険はすぐには出ず手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経ってやっともらえるのです。よく勘違いして会社を辞めた次の日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則を理解していない人が、ハローワーク側に落ち度があると思い込んでそれが原因となりハローワークの担当スタッフと口論していたのを以前見たことがあります。加えて、自分側の都合ではなくリストラのように、「会社都合」での解雇のときは、失業認定が下ったのち直ちに失業保険が給付となります。